KEIJI and AYAKO SAITO  the eternal gallery of Drawnworks embroidery

主な作品のカラー写真


圭司の作品

圭司の作品は、白色や生成り色のイメージが強いドロンワークに、 カラフルで多彩な色を取り入れていることが、一つの特長である。 また、曲線的なデザインにもこだわりがあった。 ドロンワークは1コマが四角形だが、 全体を見ると、曲線に見えるようなデザインを目指し、 試行錯誤を繰り返していた。 既成概念の殻を破り、新しい表現方法を模索していたことが伺える。


薔 薇/モスグリーン





ハンカチ/ブルー




ハンカチ/淡い桃色





ハンカチ/淡い桃色




家紋入り・ふくさ/あずき色
花部分の糸に白色と象牙色を使用





婦人用ブラウス/薄い水色




日傘/牡丹色





日傘/淡い桃色




日傘/青色






試作品/カラー糸を使用 
桃色・黄緑色の糸でかがる



未完成作品/朱色












未完成作品/紫色・草色
















綾子の作品


綾子の作品は圭司と対照的に、布地も糸も白色や生成り色を 使用している。伝統的で正統派のドロンワーク刺繍である。 また、綾子の作品は、1コマが非常に細かいことが特長の一つである。